CAN'T BUST'EM Off-White Herringbone Overall with Double Knee & Apron about 36×29

型番 170715-5
販売価格 13,824円(内税)
購入数

「1950'S Used CAN'T BUST'EM Off-White Herringbone Overall with Double Knee & Apron about 36×29」

年代:1950'S。
コンディション:Used。
ブランド:CAN'T BUST'EM。
サイズ表記:不明。
サイズ実寸:36×29(91cm×73cm)
色:生成り。
材質:コットン。
生産国:USA

"決して破けない"という名の"CAN'T BUST'EM"

1851年にカリフォルニア州 サンフランシスコで、
"Elosser-Heynemann  Co."の一ブランドとして"CAN'T BUST'EM"をリリース致しました。

西海岸のワークブランドとしては、
LEVI'Sよりも早く商品をリリースしており、
ワークウエアに力を入れていたブランドという事がわかります。

その後、1946年にH.D Leeに吸収され、
Leeはワークブランドに力を入れる為に、
こちらの"CAN'T BUST'EM"他、
"Elosser-Heynemann  Co."からリリースしていたブランドを買収し、
全米にて名を馳せ成功を収めました。

そんな歴史を感じるこちらの"CAN'T BUST'EM" CAN'T BUST'EM 生成り ヘリンボーン オーバーオールです。

ニシンの骨という意味のヘリンボーン生地という点も魅力的です。

なんと言っても最大の魅力は、
画像でご覧の通り、
リアルワーカーが着用してたと思われるダメージ、
汚れの雰囲気が良い表情をしております。

おそらく働き者が着用していたと思われます。

エプロン(取り外し不可)・ダブルニー仕様な点もさすがワークブランドです。

また通常エプロン付きの場合は、
スラッシュポケットが付属しない場合が多いですが、
こちらはスラッシュポケットもございますので、
機能的にも優れております。

ダブルニー上部もポケットとして使用出来ます。

ダブルニー下部はダイヤステッチがベージュ糸で施されており、
ルックスも良いです。

胸元ビブ上部の生地がV字型になっている点も、
他のオーバーオールと異なるディティールをしております。

股部分フロントはボタンになります。

イン・アウトシームはダブルステッチになり、
古いオーバーオールやペインターパンツに多く見られる仕様となります。

裾はベージュ糸でのシングルステッチになります。
オリジナル レングスだと思われます。

右足はスケールポケット、
左足はスケールポケットとハンマーループが付属します。

背面右ポケット右隅にハンマーループ付きです。

バータック(カンヌキ)はベージュ色糸です。

雰囲気、味がふんだんに出ており、
綺麗めな服と組み合わせる事により、
こちらのオーバーオールもさらに引き立つと思われます。

ご検討頂ければ幸いです。

その他の画像はこちらをクリックしてご覧頂けます。

ご来店ご注文心よりお待ちしております。

Your recent history

About the owner

GASOLINE

DIARYにて

商品紹介はこちら

Blog